ダイヤモンド買取・購入にあれば良い添付書類

ダイヤモンドのジュエリーを購入する際に、一般的には鑑別書、グレーディングレポート(鑑定書)、ソーティングメモなどの書類のいづれかが添付されることがほとんどです。

鑑別書、グレーディングレポート(鑑定書)、ソーティングメモは一見、まったく同じもののように思えますが、実は記載内容や効力が全く異なります。

それらの違いを押さえておくだけでも、ダイヤモンド買取の話をスムーズに進められますので、覚えておくとよいでしょう。

まずはソーティングと言うものは、鑑定機関の発行する簡易鑑定書になります。

ぱっと見ただけでは、見栄えがなく、少し頼りなさげな印象ですが、ダイヤモンドの品質を特定するには十分なものなので、主に業者間の取引に活用されます。

グレーディングレポート(鑑定書)とはダイヤモンドの品質を4Cで分析表示し、冊子状になっているものです。

とても本格的な出来栄えで、そのダイヤモンドの、いわゆるプロフィール的なものがすべて分かるので、ぜひ手にしておきたいものです。

鑑別所とは、ダイヤに限らず、対象の宝石の鑑別結果を記載した冊子になります。

ただし、宝石の品質に関する記載はないので、こちらの鑑別書が添付されてる場合は、少し品質的には劣る宝石かもしれません。

ダイヤモンド買取を依頼する前にお手持ちの書類をじっくり見てみてくださいね。