ダイヤモンド買取の大きな要、4Cのお話

よく聞くのがダイヤモンドの『4C』

でも実際説明しろと言われたら、なかなか説明するのが難しいですよね。

4Cとは、カラット(重量)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)のことで、それぞれの英語の頭文字をとって、4Cと呼ばれています。

同じように見えるダイヤモンドですが、この4Cのコンビネーションの微妙な変化や違いで、プロポーションが変わり、ダイヤモンド買取の際に非常に重要視される点でもあります。

ダイヤモンドに色?とお思いの方も多いでしょう。

一見、ただの無色透明にしか見えないダイヤモンドですが、完全の無色もあれば、薄い黄色などの自然の色味が付いてるものまで様々です。

フローレスと呼ばれる極めて少量のダイヤモンドは別ですが、大抵のダイヤモンドには内包物があります。

クラリティのグレードは、内包物の数や色、場所によってグレードが決まり、少ないほど、価値はあがります。

カットはダイヤモンドの全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態をさします。

ダイヤモンドは、カラット数が大きければ大きいほど希少価値が高くなります。

カラットが増すと当然ですが、ダイヤモンド買取査定額はアップします。

そういったダイヤモンドの品質に関しての情報をあらわしているのが「4C」なのです。